読書

なんつうタイトルだって感じだが、この一年よく本を読んでいる。ミステリーばっかりだけど。こんな読んでるの大学2年生以来じゃあるまいか。
思いつく限り今年読んだ本を羅列してみる。
東野圭吾 宿命 白夜行 幻夜
宮部みゆき RPG
森博嗣 すべてがFになる 封印再度 詩的私的ジャック 冷たい密室と博士達 笑わない数学者
京極夏彦 どすこい
岡島二人 クラインの壺 99%の誘拐 チョコレートゲーム
ダン・ブラウン ダヴィンチコード 天使と悪魔
栗本薫 グインサーガ120 121 122
武田邦彦 偽善エコロジー
有栖川有栖 マジックミラー 双頭の悪魔 月光ゲーム 孤島パズル
馳星周 不夜城
大沢在昌 新宿鮫 新宿鮫Ⅱ毒猿
原遼 私が殺した少女
中島らも ガダラの豚
山口雅也 ミステリーズ
北村薫 六の宮の姫君
法月輪太郎 生首に聞いてみろ
横山秀夫 半落ち
乙一 GOTH
大橋菜穂子 精霊の守り人 闇の守り人 夢の守り人 虚空の旅人

複数巻になってるものや2回読んだものを計上すると述べ50冊である。

・・・とかいう文章を書いてる途中に保留にして早半年以上全く更新してないこのブログ。
やめちまえっつー気もするが。
仕方ないので続きを書くか・・・

えー なにが言いたかったんだろう。
自分的に面白かったのはね。クラインの壺 ダンブラウン両方 偽善エコロジー
 ガダラの豚 精霊の守り人
インパクトが強かったのはなんつっても不夜城かいな あとガダラの豚。
大橋菜穂子のは 話題の児童書だ。児童書だけど異常に売れてるっつーから
買ってみた。面白かった。よくできてると思う。
よく出来てるで言ったら白夜行も完成度高かったなあ。

今年も途中まではいいペースで読んでたけどわけあって今
ペース鈍化中。
[PR]

# by hiengeri | 2008-11-25 17:16 |  

DS版ファイナルファンタジーⅢ ガルーダ攻略

順序が逆だがDS版FF3ガルーダの楽勝攻略法。
熟練度もいらない。
FC版だと全員竜騎士でのジャンプ攻撃がほぼ唯一の攻略法であったが、DS版はガルーダが着地後に攻撃を仕掛けてくるのと2回攻撃のためにこの方法だとかなり死人がでる。つーかかみなりで即死する奴が出てくる。レベルも26以上は確実にいりそうである。
ポイントはかみなりに対する防御。あれは魔法属性なので通常防御よりも魔法防御に注力すべきなのである。

攻略に当たってのキージョブが幻術士だ。
使えないとされている幻術士だが、ガルーダ戦は別。極端な話全員幻術士で楽勝である。この時点での白魔のケアルラだと全体全回復はムリなのだがそれが可能なのが幻術士の白ヒートラ。ケアルガと同等の回復力があるのでよっぽど運が悪くない限りヒートラ連発で数ターンで撃破できる。たぶんレベルも23とかで大丈夫なんじゃん?試してないけど。
 つまらないので俺は学者 幻術士 吟遊詩人 白魔道士でやった。学者が攻撃要員だったが幻術士と学者だけで勝てたような気がする。風水師とかに入れ替えても全然オッケー。
ポイントはルーンの腕輪と羽根つき帽子を人数分揃えとくぐらい。金が無かったらギサールの手裏剣を売ろう。あとは戦士系を使わないことだな。かみなりに弱く足手まといになるから。竜騎士の塔出番無し。
[PR]

# by hiengeri | 2008-11-25 16:49 | ゲーム  

DS版ファイナルファンタジーⅢ 鉄巨人撃破LV61

かつて自称ゲーマーではあったが、常にマイナーラインのハードばかりそろえ、一般との会話が成立してなかった俺だが、もろ一般ラインであるニンテンドーDSが俺の最新ハードである。
どういうことか一応記しておくとだな。
ファミコン→メガドライブ→メガCD→セガサターン→ニンテンドー64→ニンテンドーDS
である。このうち自分の意思で購入したのはファミコンとセガサターンとDSだけなんだけどもな。

という昔のゲーマー面目躍如な感じのFF3の隠しボス撃破の覚書である

 まず、鉄巨人4回攻撃である。そしてHPが減ってくるとメテオの代わりに薙ぎ払いなる全体攻撃をかけてくる。これが超痛い。こいつで即死するようならちょっと攻略が成り立たないので、このダメージに耐えうるHPがないとどうにもならない。
 前提として、FC版からそうだったが、レベルアップ時の体力によってHPの上がり幅が違う。ので、ずっと学者なんかやろうもんなら周りよりHPが低く育ってしまうのである。
 ということで、初期ジョブにはあまり差がないようなので良しとして、サラマンダー撃破以降はレベルの上がるタイミングで全員ナイトに転職、ティターン撃破後は全員空手家に転職という小細工を駆使する。経験値の高いボス戦でレベルアップしないよう調整したりとめんどくさいことはめんどくさい。
 ランダム要素をリセットで調節したりとか、自然の力に逆らうようなことはしてないので、もしやったとすればもう少し低レベル撃破は可能かも知れない。が、た~ぶ~んレベル61はかなり下限の攻略レベルだと思う。

 メンバーはバイキング・吟遊詩人・導師・忍者である。低レベル撃破を目指すと自然とこういうメンツになるはず。ひょっとしたら忍者の代わりが学者・魔人・魔界幻士のどれかに務まるかもしれないが。
 熟練度は結局全員99じゃないとダメだという結論に達した。バイキングは挑発を100%の成功率にするため、吟遊詩人は歌の効果を最大限にするため、導師だけ大丈夫かも、忍者は攻撃力もあるがムラマサを入手できるのが大きい。精神、体力のステータスアップが有る無しで薙ぎ払い即死率がずいぶんと違う。

 次に装備
バイキングはクリスタルの盾、イージスの盾、残り全部クリスタル装備。(クリスタルの盾両手+リボンより守備力が上で、かつ鉄巨人の打撃追加効果をくらわない為)
詩人はバラードクラウン・白のローブ・守りの指輪 竪琴は随時変更
導師ホーリーロッド、長老の杖、リボン、白のローブ、守りの指輪
忍者1ターンめはムラマサ、マサムネ、リボン、風魔の衣、源氏の籠手
2ターンめ以降マサムネを源氏の盾に変更。1ターンめは鉄巨人より先に亀の甲羅を使いたいからである。

 1ターンめ。
バイキング挑発 詩人マドラで歌 導師ケアルガ 忍者亀の甲羅→バイキング
 2ターンめ。
バイキング挑発 詩人亀の甲羅自分 導師ケアルガ 忍者亀の甲羅→導師
 3ターンめ。
バイキング挑発 詩人マドラで歌 導師ケアルガ 忍者亀の甲羅自分
 4ターンめ。
バイキング挑発 詩人ラミアで歌 導師ケアルガ 忍者バッカスの酒自分
 5ターンめ。
バイキング挑発 詩人マドラで歌 導師ケアルガ 忍者手裏剣
 6ターンめ。
バイキング挑発 詩人ラミアで歌 導師ケアルガ 忍者手裏剣

バイキングは終始挑発 導師は終始ケアルガであり、これ以降忍者もずっと手裏剣投げである。鉄巨人のHP199999をそろそろ半分以上削ったなーと思ったら忍者は一回エリクサーを導師に投入、ケアルガ回数を回復させておく。詩人はラミアでの攻撃をやめ、アポロンとマドラを交互に使用。アポロンとマドラとプロテスが同時にかかってる状態で薙ぎ払いモードに突入できれば成功。後は誰かが即死しないことだけを祈りつつ繰り返しですな。運も絡むけどこのパターンでレベル61撃破が可能である。もちろん全員生存。

おお~ ゲーマーっぽい。
[PR]

# by hiengeri | 2008-11-25 16:33 | ゲーム  

続・限角

しばらく前に限角のことを書いたが、あまり俺が認識していなかった事例があったので追記しておく。
内空側の初動だが、フェイントは無し。動いたと看做される。
内空側の攻撃は一回限りである。つまり逆手に取れば限角側はその一回さえかわしてしまえば追撃を受けることなく脱出できる。ということは跳びに行くフェイントは有効といえるのである。
・・・そして更に、という限角側の対応が選択肢に入ってくると今度は内空側も、やみくもに単技を素早く出す事に集中するのではなく、虚実を使って限られた一本を当てに行くという一段階レベルの高い攻防が展開されると言うわけである。どこか交叉法の習熟過程にも似た感があるが、こうなると限角側は相手のタイプを見極めて最速移動をするか、回避行動を取るかといった選択肢がでてくるわけである。

 全選手、全審判に浸透したなら割と面白みのある競技なのかもしれない。
[PR]

# by hiengeri | 2008-11-25 15:49 | 躰道  

学生大会

もう1月も経過しているが2年ぶりに学生大会を見に行った。俺が学生だった頃は学生大会と全日本大会にレベルの差はほとんどなかった。学生で上位の選手はまず全日本でも上位に食い込んでいたものである。

・・・どうでもいいが最近あまりにパソコンをさわってないせいかブラインドタッチが驚くほど下手になっている・・・由々しき事態だ・・・

 で、今回の学生。女子はレベル高いなと思った。男子低い。実戦も法形も真面目に練習しても絶対勝てないと思うレベルの選手がいなかった。やっぱり全国的に練習時間が減ってるのかもしれないな。学生っつー裾野がもっと広がらないと躰道人口いつまでたっても増えないから頑張ってほしいものである。

女子法形決勝は絶対誤審だと思う。運の表現で賞をもらう人が運陰で勝負して負けっておかしすぎるでしょう。決勝が転対運ならあるいはあの勝敗の通りだったかもしれないが運対運であれは無い。誤審。
[PR]

# by hiengeri | 2008-11-25 15:35 | 躰道  

第18回社会人大会

俺感想書いてなかったんだな

感想としてはやっぱし躰道面白えなー っつー感じかね
法形も実戦もすげー面白いんだけど 初心者から実戦を楽しいと思えるようになるまでが長いんだよね躰道って この長さが躰道人口のなかなか増えない原因の1つだなーって感じるなあ
 要は本気でK-1に出る気だったり最強を目指したい人以外で躰道を悪く言う人って中途半端でやめた人とか門外漢ばっかりなんじゃないかなと思うんだよな。実戦にしてもこんなゲーム性高くて面白い武道ってそんな無いと思うんだけどなあ~
 そんなことを思いながら帰ってきました。

今回エントリーしたのは団法 個法 団実
団法は本来俺が最も嫌いな初心者に経験積ませる団法だったので・・・ダメ。
団実はまさかの遅刻タイムアウト(超もったいない)
というわけで個法しか出られなかったけどとても楽しめた。
 ほとんど練習できなかった割には3回も試合できて良かったなと。負けた試合も相手は躰道界の大御所。あのK子先輩なので悔しくもなんともない(向上心ねえ!)どころか旗一本取れたんで逆に満足したりして。向こうは本気だと捻体のところを運体だったんだけどな。
 同じ実力同士だと法形自体の難易度で優劣付いてしまうわけで、昔誰に聞いたのかすっかり忘れてしまったのでこの順番自体に信憑性があるかわからないんだけど確かその時の話だと 転体>捻体>変体>旋体>運体 って言ってたと思う。俺のやった仁制は旋体と同程度ってことだった。仁制って体軸全然変化させないから法形としてはそんな難しくないから。なにしろ海老と伏敵以外体軸が傾かないんだから確かに旋体並み。

 実戦は今回若い社会人が多かった気がする。ちょっと全体レベルが去年より下がったかなと思う。来年はエントリーしたいな。
[PR]

# by hiengeri | 2008-10-15 11:07 | 躰道  

あー 気付いたら大会前日

 またまた全然練習しないうちに大会を迎えそうだ。
ここ2年ほどこんな状態が続いてる。今年は全日本もこんなんだとやっぱり失礼だということで地区大会の個人参加をやめた。さすがにこのままフェードアウトはつまらないので来年はしっかり大会に向けた休みの取り方をしようかとは思っている。
 個実78人だって・・・
 
[PR]

# by hiengeri | 2008-09-13 11:52 | 躰道  

限角競技

珍しくまともなことを書いてみようかと思う。
今回改定された限角ルールである。これが結構難しい。
まず変わったポイントを挙げる。

動き始め
外が先に動いても流されてた→外が先に動いたらその場ストップで注意
開始時の内空側の運足
定点3箇所を踏んでから攻撃→一回の運足で攻撃可
内空側の攻撃
技がヒットしてもそのまま流れていた→その場ストップで有効 跳ぶチャンス消滅
運身対3連技
細かい優劣付けがあった→消滅
跳んだ後
特になし→攻防にすぐに移らないとダメ

たぶん挙げるとこんなもん。
具体的に審判がどこを見て判定するかと言うと
・最初の限角での攻防
・移動の運身対連技
・移動後の限角での攻防
この3つにそれぞれ優劣判定をして2対1で限角、と言った風な判定をするわけである。
現状まだ審判内での統一が完璧に図られていないので、審判によって逆の判定になってしまうことが起こり得る。(これは最初なので仕方ないと思う。)

ではプレイヤーはどのように意識を変えるべきか
限角側
・先に動かないように注意する。
・すぐに技が来てしまうので相手の動きを見極めて速やかに運身脱出を図る。
・着地後内空に入りすぐに攻防を展開する。

内空側
・相手の運身技量が高いと感じたらなるべく限角内でカタをつけられる様に攻める
・移動されてしまったら、相手と同時スタートなら三連技を狙っていく。自分のほうがかなり遅ければ、連技で迫るがいつまでもまわっておらず、相手の体勢を見極めて着地後攻撃を出していく。(着地の瞬間を狙うのはダメ)

なお限角攻防に於いて最初の限角を出てしまってからの接触は注意の対象となる。

こんなところである。こまかく言えばキリがないがこのへんをポイントとして抑えておけばミスはしないであろう。
[PR]

# by hiengeri | 2008-08-05 14:01 | 躰道  

すごい薫酒!

久しぶりにすんごい薫酒にであった。フルーツ系の強い香り、日本酒飲まず嫌いの人に飲ませてみたいタイプである。三芳菊 特純 山田の垂れ口。
b0087736_1338580.jpg

[PR]

# by hiengeri | 2008-08-05 13:38 |  

スコットランドの高いビール

あまりに前に飲んだビールなので名前すら忘れてしまった・・・
なんだっけな パラダイスアイレイ?パラまではあってる。
シングルモルトの樽で熟成させている為ビールにはありえないピート香があり大変うまい。ただ度数も10度ぐらいはあったし値段も1000円以上するというしろものなのでそう毎日飲めるビールではないが、ウイスキー好きには是非試してもらいたい一品である。
b0087736_13193641.jpg

[PR]

# by hiengeri | 2008-08-05 13:26 |