<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

全日本2

男子個法はミスが絡み順位が変動した。それがなければ3位以外が入れ替わっていたはずだ。

展開は二松学舎の学生展開が素晴らしく良かった。団法は山梨のは確かに良かったが点数つけすぎな気がしたな。案外ずれてたし。

今回また1人ダメ審判を発見。副審も首をかしげる微妙判定連発。本人が当たってないのに得した。って思うような攻撃に一本!とか言っちゃあダメだろう。ネームバリューで判定の内容変えるな~!彼は俺のダメ審判ランキング3位にランクアップ。

とりあえず顔見知りはまた増えた。自分の戦績はいっこうに増えない。(自爆)
[PR]

by hiengeri | 2006-10-30 15:20 | 躰道  

全日本大会

無事終了
全体的には面白かった。ただまあ個人的にはダメダメな感じ。
法形は相手のほうが上と判断したのでちょっと変なことをやってみたが後でいろんな人に怒られた(藁) 縦以外は互角だったのに何やってんだバカとかそんな感じで言われたが互角なはずないと思う。いくらなんでも力量の差くらい見抜けるつもり。
それより実戦が本当に凹んだ・・・正直2回は最低勝てたのを何やってんの俺。手の内を見せる前に終わってしまったのでこの上ない消化不良。2回戦の相手は9年前に級位実戦で負けた相手だったので、重要度皆無のリベンジマッチだったのだ。

それにしてもあの畳は俺はダメだった。レイノー症候群と関係あるかわからないが掌と足の裏に汗をかきやすい俺。構えてるだけでどんどん開脚してゆく。個法で勝てないと判断した理由にはこの畳もあった。スピードが出せないんだもん。それにひきかえ女子個法の決勝なんかは側転からの構えを2人ともピクリとも動かず決めていた。あれは俺には物理的に不可能な気がする・・・あとで聞いてみたら別に滑らなかったとのこと。不公平だ・・・

実戦は今回やけに飛燕突きの活躍が目立った。半月や卍を宙空の相手に狙ってあてたとしても降り際に突けば突きが勝ってしまうパターンだ。これって前からだったかなあ。全体的に変技が多く、旋を主に使う人がほとんどいない。半月は捻だけど使い方が変だからやっぱり変技だと思う今日この頃。
[PR]

by hiengeri | 2006-10-30 15:01 | 躰道  

明日はいよいよ全日本~

デスヨ
今日少年少女で後にちょとだけ動いてきたですけどね。畳が・・・見た目おいしそうな畳なのですが 意外とこれが・・・
手首のテーピングも外して頑張ります。しかし一週間でだいぶスタミナが落ちた・・・
[PR]

by hiengeri | 2006-10-28 20:38 | 躰道  

イーホームズの藤田社長

いきなり1つブログを紹介する。
http://kikko.cocolog-nifty.com/
最近だいぶ有名になってきたサイトだ。
時々見にいってるが、正直個人的にはこの人と感性があわない。面白いと思ってかいてんだろうけど鬱陶しいだけのオバハンギャグとか。趣味とか。
しかし情報源という意味ではかなりレベルが高いのでちょろちょろ見に行ってる。元々耐震偽造とかライブドア騒動の裏情報をかなり早い段階で出してて有名になったサイトなんだが(最近では子猫殺し作家の情報を拡大させてまた有名に)、18日あたりにある情報をいち早く公開した。それからしばらくマスコミの様子を見ていたのだが まあ報道しない。不自然なほど報道しない。

なもんで、不幸にもこのつまんないブログを見にきてしまった人にもこの話を見てもらおうと思ったのである。(すでに知っている可能性は大だが)
ほぼ毎日更新してあるので18日以降の耐震関連の記事を見てちょーだい。
情報操作イクナイ。
[PR]

by hiengeri | 2006-10-27 20:23 | それ以外  

どうでもいいけど

容疑者室井慎次ひどかったな。
見に行く行くって言ってて期を逸したんだが金払って見なくて良かった。

てか主役のやったことが
1捕まる
2ボコられる
3嵌められる
4謝る
5謝る
ってゴルァー!!それでなんで主役が務まるんだー!!

それだけ
[PR]

by hiengeri | 2006-10-24 18:49 | それ以外  

学生大会

レベル下がったなー というのが正直な感想。
でもこれ自分が見慣れたからなのかな。女子の競技がレベルアップした感じは持ったけど男子が・・・。拓大とかのうまいとこと下手なとこの格差が目立った。法形もあんまり面白くなかったなあ。実戦はハイレベルな攻防があんまり見られなかったし。
決勝はそれなりに楽しめたが、展開と男子団法はものたりなかった。拓大の女子5番、あの選手はうまかったね。団実の負け試合しか実は見てないんだけどダントツにうまかった感じがある。あれで交叉がうまく使えれば向こう何年女子には負けないと思うな。防御がまだまだだったから。
男子個法優勝者も別格な感じがあった。3連覇は間違いなさそう。館長から旗を奪うのは彼か!?
あと新人団法の女子レベルがずいぶん上がってるのが驚いたな。数年前からの傾向だけど旋陰って旋体よりだいぶ難しいから新人には無理と思ってたのだが。
大学別の人数分布もだいぶ様相が変わったねええ・・・東大は来年優勝だな。
[PR]

by hiengeri | 2006-10-23 22:41 | 躰道  

ぎやあああああああああ

負傷したぁぁぁあぁ!
しかも子供とおっかけっこして!
なにそれ!
なにその理由!

元々ここ半年ほど左手首がダメで治療を受けているのだが本日右手首を負傷・・・卍蹴りがますます遠のいていく・・・
問題はこれがどれほどの程度の負傷なのか・・・
落ち着いてみてみれば左手も少し違う場所を打撲している。両手に力が入らん・・・

ぎやあああああああああああああ
[PR]

by hiengeri | 2006-10-18 22:20 | 躰道  

全日本トーナメント

やっと出たか。てか日躰協ホムペ更新おせえ。学生のトーナメントものってねえし。
個実も個法もそんなにデンジャラスなトーナメント配置じゃなかったが3つほどサプライズが・・・ まあいいや そのサプライズが実現できるよう頑張ろう。(勝たなきゃどうにもならんし。)
というわけで大会は主観的にも客観的にも楽しみなのだが最近不満がつのってることが一つ・・・
それは法形の細かい所作や表現である。
5段以上の先生によって「コレが正しい」「コレは減点」とか基準がバラバラすぎるー(怒) こちとら教わる身分だから偉そうなことを言ってはいかんのかもしれんがよー。A先生に直された箇所をB先生にダメだからやめろって言われてB先生にこうやれって言われたことを忠実にやってたらC先生から「わざとやってんの?(変だけど)」みたいなことの連鎖がまあ起こる起こる。全員が自分こそ正しいことを主張するからいい加減いやになってきている今日この頃である。教えてくれる人のほとんどいない地方の人とかから見たらほんと贅沢な悩みなんだろうけどこれはこれでホントに腹が立つ。1箇所や2箇所じゃないんだもんよー。なんとかしてくれよー。
表現に関してももう少し柔軟に対応してくれないと躰道のせっかくの面白い点である法形の自由度がまるでなくなって画一的な法形の大会になっちゃうだろーが!
[PR]

by hiengeri | 2006-10-16 18:54 | 躰道  

久しぶりに人間椅子

を聞いているが相変わらず同じ曲で鳥肌が立つ。
一般的に音楽聴いて鳥肌立つって言うと演奏がすごかったりシャウトにシビれたりそういう方向であることがほとんどだが、人間椅子の場合違う。普通に寒気がするっつーか鳥肌。人間椅子鳥肌ランキングー
1.屋根裏のねぷた祭り
2.九相図のスキャット
3.ダンウィッチの怪
退廃芸術展から2曲もランキングしているが。

人間椅子とは、簡単に言うと和風文学気持ち悪いヘヴィメタ である。
初期の曲はホントに純和風な感じで英詞はもとよりカタカナもほとんど出てこなかったうえに演奏もなんだか和風な感じで好感が持てた。詞も文学を元ネタにしたものが多くてそれもなかなか面白かったのですっかり(聖飢魔Ⅱのはまり度を10とすると7ぐらいか)はまってしまい、ふつーに入手可能なCDは全て入手、一時はファンクラブも入会してみた。会員番号が500を切っていて衝撃を受けたな。人間椅子倶楽部。

今までいろんな人に貸して「いいね」って言った人が皆無という素晴らしいバンドである。
以下好きな曲
賽の河原
アルンハイムの泉
夜叉ヶ池
水没都市
幸福のねじ
素晴らしき日曜日
もっと光を
羅生門
ダンウィッチの怪
黒猫

新しい曲が入らないねえ・・・
へたくそなドラムにボーカルやらせたり迷走気味だからなあ・・・
[PR]

by hiengeri | 2006-10-07 19:25 | 音楽  

続き

まー 貫き手の所作とか立ち方とか細かい意見の相違は枚挙に暇がないわけである。
あるけどこれを全てどれが正しいってやっちゃうと躰道の独自性である創造っていうポイントが希薄になってしまう危惧がある。現に現在推し進められている統一化の動きでだいぶ各団体が画一化してきた感じがする。表現の自由があまり認められなくなってきたようなそんな感じ。いいじゃんねえ。ある程度のバラつきは・・・表現的なバラつきよりも構えとか基本の統一に力をいれてほしいと思うよ俺は。
[PR]

by hiengeri | 2006-10-03 21:08 | 躰道