<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

新技・・・

先日の審査の際ほかの人が
躰道の新技はどんなのがでてくると思うかって訊かれてた。転技って答えてた。確かに他の操体よりも確立されてないというか共通の常識になってないからそれも言えてると思う。
けど個人的に思ったのが中間の技。
今大会とかで(山梨とか多摩とか新潟が多い?)使われてる捻体半月当てって明らかに応変風靡で使われてる。つまり変体の操法だね。
ちょっと他で考えてみたら
捻体の形だけど変体→応変で使う半月当て
変体の形だけど運体→○錬館の○橋選手の使う跳び卍
運体の形だけど旋体→交叉法として使う跳び旋状蹴り
まで思いついたけど

旋体の形だけど転体→???
転体の形だけど捻体→????

転体が絡むとわけがわからない・・・転体の用法をどう定義するかだな。球転状の動きとするか体軸をまげることをもってくるか。どっちにしてもわけわからんな・・・

だめかこの考え
[PR]

by hiengeri | 2006-06-26 21:12 | 躰道  

大会終了

今回実は個人実戦のエントリーは8年ぶり2回目だった。 昨年の全日本大会の団実で圧倒的な経験値不足を自覚したので今までは不参加を決め込んでいた個実を真面目にやるかという気になったのである
結果本人が一番びっくりの準優勝 おかげで体力バランスがすっかり狂ってしまい決勝戦に行くはずの個法で準決勝敗退してしまったじゃあないの
まあでも個実銀っつうのは個人的にもだいぶ快挙なので良い 今回真の初対戦だった試合は2試合しかなく経験値稼ぎとしてはともかく 最初としてはやりやすかったかもしれない 次回仕事の都合が大丈夫であれば社会人大会の個実も参加してみようと思う メンバーいかついんで怖いんですけど
[PR]

by hiengeri | 2006-06-22 14:43 | 躰道  

明日は大会だ!

なのに風邪ひいちまったよ・・・○| ̄|_
個法はあんまり練習できてなかったけど先日の伊豆での四段審査のときの緊張が何よりの練習になったかなと思うので まあなるようになれと。実際強弱の表現がどうやら苦手らしく、インパクトに力を込めると全体が力んでしまうようだ。なんとかほぐしてきた所にまた先生から前転突きの表現の注文を頂きまして・・・うまくバランスとってできるかどうか。
個実は気楽に、出来る限り気楽に行きます。どうやら負けてもいい自然体が一番強いみたいなんで・・・個実には一切出てこなかった私。デビュー戦といっても過言ではないです。
団実は・・・同じくかな。
[PR]

by hiengeri | 2006-06-17 09:37 | 躰道  

ひさしぶりの

更新です。なんつっても誰も定期的に見てないので別に問題ないのであった。
未だに意味はよくわかってないのだがライフログの欄にいくつか載せてみた。

利酒師必携はマア利酒師とるのに勉強するテキストだ。
グインサーガは今も完結せず続いてる世界最長(1人による)小説。これは読んでない人に伝えるのは困難かもしれない。面白いので読め!全部大人買いすると5万円以上かかります。
・・・・さすが悪魔の仕業・・・なぜ絵が出ないメフィストフェレス・・・聖飢魔Ⅱの経典の中でも個人的にトップに推す大教典。本悪魔的にも他の信者的にもあまり評価はよくないみたいだけどでもこれが一番好きである。これ以外ではずれが少ないのはアウターミッションかな。良い曲と悪い曲が混在してるのが地獄より愛をこめて 有害 リビングレジェンド かと。
SymphonyXはマイナーだが、このサードアルバムは非常に良い。躰道部の後輩に勧められたのだがドラムがしょぼい割りに全体の迫力にマイナスの陰を落としてない。一言で言うとなんだろ 美旋律パワーメタルみたいな。

ウィザードリイとか過去のファミゲーも載せたいのはヤマヤマだがデータが無く無理。
更新が古いけどだいぶ面白いファミゲーサイト→http://www.rr.iij4u.or.jp/~fuk/
[PR]

by hiengeri | 2006-06-15 09:45 | それ以外  

ケガだらけ

実戦の稽古中に相手のヒザが顔面に入ってまぶたが切れた。
K-1とかでよく見るけど自分がなるのは初めて。結構血がでんのね。あれ。
腫れないと思ったのに二日たったら腫れてきた。その他打撲2ヶ所 関節炎2ヶ所 突き指2ヶ所 けっこうボロボロじゃん!
大会まであとちょっと。体力もあんまりないし。大丈夫かねえ。
[PR]

by hiengeri | 2006-06-09 14:45 | 躰道  

ジンギスカン 蒼き狼と白き雌鹿 ファミコン版

最初にゲームっつうカテゴリを作ったのにもかかわらず何も書いてなかったことに気がついた。良く考えたら最近のゲームはさっぱりなのでゲームっつっても昔のゲームしかないのであった。
というわけでついこの前までスーパーファミコンウォーズをやっていたが、ふと思い立ってファミコン版のジンギスカンをやっている。エミュでスピード調節ができるからそれなりに快適だがコレ、操作性とゲームスピード(特にHEX)がかなり悪い。
が、やはり名作だな。昔は親父がずっとやってて俺はあんまりやってなかったゲームなのだがやってみると面白い。
まずモンゴル編
全ての住人を兵士にして全兵力で侵攻を繰り返す。合間にオルドを欠かさない。残したボロボロの国は他国に取られるが無視。ほぼ全国を回ったところで10国あたりに兵を残し将軍派遣。もちろん命令書を送って外交戦争はさせない。輸送だけさせる。
世界編には願わくば血縁将軍候補5人と娘5人を連れて行きたいので男はガンガン将軍候補に昇格。娘ストック。ちなみにオルドはボルテ、アラン、クラン、カチャウんとこを往復。その他は半数以上OKされたことすらない・・・が、そこに気合を入れるような歳でもないのでスルーで。
戦争と統率訓練でステータスを上げ、奪った国は全て将軍にすることでステータス低下を防ぐ。残り1国になったら余裕の訓練を繰り返し1205年の冬に制圧。
世界編スタート時には全ステータス500超え。子供5人中娘4人。将軍5人国民400人以上となった。
今ザクセン公とリチャードとスルタンが血縁。
[PR]

by hiengeri | 2006-06-05 21:38 | ゲーム