RPGの面白さって

小学生のとき初めてやったドラクエ1の衝撃は
最初からRPGってジャンルが豊富だった世代には
わかるまい。

RPGの面白さの原点ってレベルアップだと思うんだよね
俺としては。
最近またエルミナージュをやっててつくづくそう思うんだが
Wizardryにハマった原因の大きなひとつがやはりそこかなと
レベル1から2へ 2から3へ成長するのがこんな待ち遠しい
ゲームってそんなには無いだろうと思うわけ。

FFも4あたりからスタート時点のレベルが1じゃなかったり
して「なんか違うなあ」と思った記憶があるが。たぶん
そういうことなんだろう。自分としてはストーリーとかは
もちろん大事だけれどもRPGなのにレベルアップの楽しさ
があんまり無いゲームはいまいち楽しめない。
最近のゲームって無難にストーリーを追ってるだけで
自然とレベルが上がっちゃって 壁にぶちあたったから
ちょっと修行しなきゃ みたいなことが無いような気がする。

って言うほど最近のゲーム知らないんだけどね!!

ドラクエ1みたいにひたすらレベル上げをコツコツやらねば
ならんゲームこそが面白い!などと主張する気はないんだが
(今更ファミコンの1は出来ねえな)
ま 贅沢なもんですな
[PR]

by hiengeri | 2010-05-12 19:02 | ゲーム  

<< 阪神のファンて 減ってないか? あーあ今年も無理じゃん >>